タクシー運転手の待遇や、個人タクシーとの違いとは!?

会社勤めのタクシー運転手の実情は

会社勤めのタクシー運転手の給与は日本の全平均労働者よりも少ない傾向にあります。また、業務の都合上、営業も24時間運行のため、肉体的にもハードな仕事ではあります。しかし、タクシー会社の事業所には休憩用の仮眠室やベッドが用意されており体力の回復のための設備が設けられています。また最近では暴漢対策の一環として運転席と後部座席の間にアクリル板を設置しており、一定の安全性が確保されています。安全性の向上とともに女性の運転手も増えています。

会社勤めのタクシー運転手の待遇

会社勤めのタクシー運転手の場合、会社から制服が貸与されます。制服の襟の部分には、犯罪者からナイフなどで切りつけられた時のため針金が入っている等の対策が取られていることがあります。また多くの場合、日中・深夜勤務といったシフト制となっています。基本給+歩合制の給与体系を取っていることが多い業種ですが、労働組合がある場合は、解雇などの心配もないため安心して仕事ができます。また、タクシー業界は転職組も多く、多種多様な経歴をもった方が集まることも多いため、同僚同士の会話を通じて様々なジャンルの知識を会得できます。

個人タクシー運転手の魅力とは

会社勤めのタクシー運転手とは違い、個人タクシー運転手は自分の裁量で仕事ができるためメリットがあります。また、会社勤めタクシーの場合、売り上げの一定度合いは会社の取り分となりますが、個人タクシーなら売り上げのすべてが自分の収入となります。そもそも基本給などが保証されていないため売り上げの成果は自己責任とはなりますが、常連の顧客を確保できれば安定した収入が見込める仕事です。なお、個人タクシーはタクシーの車上に星が刻まれています。星の数は一般的にそのタクシーの総合評価の目安となっており、最高で3つの星がつきます。

役員運転手の派遣サービスは、自社の役員のための運転手を雇うコストを削減する目的で、外部のドライバーを必要な時に手配できるサービスです。