広告、旅行、保険!?代理店の仕事内容とは

広告代理店の仕事内容

広告代理店は、クライアントから広告の制作の依頼を受け付け、その依頼に沿ったプランを提案するのが仕事です。広告代理店側から提案するプランの内容は、広告の内容や方法、予算、制作のスケジュールなど多岐にわたりますよ。なので、クライアントとの綿密な打ち合わせが欠かせません。クライアントの依頼はできるかぎり忠実に実現しなければならないうえ、締切もシビアなことが多いです。体力に自信がないと務まらない仕事かもしれませんね。

旅行代理店の仕事内容

旅行代理店は、他の会社が企画した旅行プランを販売するのが仕事内容です。純粋な旅行業との違いは、旅行プランの企画ができるかできないかにあります。旅行代理店の場合、旅行プランの販売はできますが企画はできないのですよ。すなわち、旅行業の方が旅行に関する幅広く業務を行えるわけですが、その分登録の際の審査が厳しくなります。旅行代理店だと、旅行業に比べれば登録も厳しくないので、比較的簡単に開業できるのがメリットですよ。

保険代理店の仕事内容

保険代理店の仕事内容は、保険会社から依頼を受けて保険商品を販売することです。保険代理店では、複数の業者の商品を扱うことが可能となっています。なので、多彩な商品を取りそろえているのが魅力ですよ。一方、保険代理店を利用するときに注意したいのが、保険会社から直接購入する場合に比べて保険料が高くなるケースがある点です。最近ではそうでない代理店も増えてきていますが、購入を決める前に一応確認しておきましょう。

特定の商品をメーカーと契約して優先的に販売したり、広告枠を売って手数料を受け取る形態であったり、旅行に関する企画・チケット・宿泊先の手配などを行ったりと業種によって様々な代理店があります