何故詰まるの!?トイレの水が貯まってしまう原因

適正使用でも度が過ぎると詰まる

たまに家のトイレが詰まるという経験は、どの家庭でも体験したことがあるでしょう。その都度トイレ詰まりを改善するために対処するわけですが、そもそもトイレが詰まる原因は何なのでしょうか。もっとも想起しやすいのが、トイレットペーパーや便が詰まってしまうことでしょう。トイレですので便をしてトイレットペーパーを流すのは適正な使用方法なのですが、その量が多いとS字になっている排水パイプに便、トイレットペーパーの順番に詰まってしまいます。トイレットペーパーは1ロールを超えると詰まる可能性が高くなるので注意が必要です。

異物を流すのはご法度!実はアレも詰まりの原因に

大半の人はトイレで「トイレットペーパー以外を流してはいけません」という注意書きを見たことがあるはずです。実際、どんなに小さなものでも水溶性でなければ、トイレを詰まらせてしまう可能性があります。小さな子供がいる家庭では格段にトイレが詰まることが多いというので、推して知るべしと言うべきでしょう。また、飲酒する人であればトイレで嘔吐したという経験がある人もいるかと思います。この嘔吐物もトイレを詰まらせる可能性があるので、十分に気をつけておかなければなりません。

エコ意識が裏目に意外なトイレ詰まりの原因

トイレに流す水が勿体無いとして、「大」で流すべきところを「小」で流してみたり、タンクにペットボトルを入れて貯まる水の量を減らしたりする家庭もあります。こうした適正水量以下の水でしか流さないのも、トイレ詰まりを惹き起こす原因になります。エコだと思って適切な量の水を使わずにいたのに、逆にトイレ詰まりを直すために必要以上の水を流さなければならなくなったとなってしまったら、笑い話にもなりません。推奨された適正使用から外れることは、全てトイレ詰まりを惹き起こす原因になり得るということを肝に銘じておかなければなりません。

水漏れは放置してしまうと、漏電等のトラブルに繋がってしまうため注意が必要です。そんな時にはできるだけ早く專門の修理業者を呼ぶと良いでしょう。